English 日本語




 

私について
私が出産のとりこになってしまったのは、自分自身の幸せな妊娠と出産体験からです。
娘と息子ふたりとも、ロンドンQueen Charlottes Hospitalのバースセンターで産みました。娘は助産師さん一人と夫の立ち合うなか、バースプランを書いていたおかげで、何も言うこともなくプールが用意され、そしてプールの中に入って30分もしないうちにするっと滑り出てくれました。 息子のお産の時は、病院に電話したのもタクシーに電話したのも私。そして病院について主人と娘が一緒に立ち合いながら、15分以内に、これまたするっと滑り落ちてくれました。息子の場合は前期破水から始まり、破水からお産まで5時間程の極自然なお産でした。いずれのお産も内診をする必要もなく、縫合もせず、ただ自然の大いなる力に、見も心も完全に任せきったすばらしいお産だったと思います。

出産は、女性の一生涯でもっとも印象深く創造的な出来事でしょう。私の2回の出産も、私の人生の中でこれ以上の至福を感じることはない心に残るものでした。産後直後に我が子を抱きしめた時の歓喜、大いなる愛に包みこまれるような安堵感と心地よさ、どんなことがあってもこの子を守りたいという心の奥底から感じる母としての強さ、自分から湧き出るあふれんばかりの母性、それらの気持ちは今でも私の心の奥深くに刻まれ、子育てをする過程の原点であり助けになっています。また9ヶ月の妊娠期間中、私の意思に関わらず毎日すくすくと育っていく生命を体内に感じ、自然との一体感を気づくことができたのは、女性ならではの貴重なありがたい体験でした。

産むこと、生まれるということは、人生と同じく、身体、呼吸、今と今までの思いや考えや行動、宇宙の法則などが複雑に絡み合っているので、出産が全く自分の思い通りになるということはありませんが、私がすばらしい妊娠期とお産を迎えることができたひとつは日々のヨーガの暮らしのおかげだと思っています。そして自分が得た気付きを他の女性たちと共有することで、少しでも役に立つことができるのではと直感し、ヨーガ講師としてドゥーラとして女性をサポートするようになりました。

ドゥーラを始めた時、これだ!という勢いもあったために、ヨーガとドゥーラという二足の草鞋ということを考えずに始めましたが、今だからこそ言える、この二つは最強のコンビネーションだと思っています。ドゥーラによって、確かな無償の愛を感じ、お母さんに寄り添うという行為はヨーガの道です。またドゥーラでしか見ることのできない妊婦さんの身体、気持ち、見えない力などをその都度学び、クラスや個人レッスンでお母さんと共有しています。この二つが一緒にあることが、今の自分だと思っています。

自然出産、水中出産の先駆者であり、数えきれないほどの自然なお産に立ち合っている産科医ミシェル オダン博士、私のドゥーラの師でもある彼は、「太古から女性の身体は子どもを産む知恵を持ち具えているので、準備の必要はない。大事なことは、妊娠中、自然に産む力が自分にあるという自信を持つこと、そして出産中、 子供を産むという本来の力を引き出せる体制を作ること」と強調します。

今までドゥーラで180人ほどのお母さんの出産に寄り添い、ヨーガで何百人の妊婦さんやお母さんと赤ちゃんと携わって思うのは、女性の生むという神秘の力、赤ちゃんの生まれるという神聖なエネルギーは確かにあるということです。この力を100%信じ、今お母さんにできること、私にできることがあるのではと常に考えながら、妊婦さん、赤ちゃん、お母さんに携わらせてもらっています。

ウパニシャッドのシャーンティ パータ(平和の詩説)の冒頭にある、宇宙創造の神秘が解かれた短い詩です。このウエッブの名前「Poorna」はこの詩から引用しました。私の好きなマントラのひとつです。

Poornamada, poornamidam
poornaat poornamudachyate
poornasya poornamaadaaya
poornameevaavashishyate

あれ (ブラーフマン) は完全で満たされています。
これ (私たち) も完全で満たされています。
完全なるものから創造された者は同じく完全です。
完全から完全なものが作られた後も、
完全は完全のままであり続けます。

女性は、母になり母性が開花します。お産は女性の秘めた力を引き出す神聖な儀式ともいえるでしょう。どの女性も持ち備えている、Poorna =完全なる Matri =母/母性。やさしくって温かく、すべてを許し、包み込み、育む愛。ただ、なかなかそれに気づく事ができない女性のために眠っているもの引き出せないだろうか。妊婦さんだれもが自信をもってお産をむかえて、自分らしい健やかで幸せなお産を体験してほしい。赤ちゃんが最高の状況で生まれて欲しい。そう心から思っています。 

3人目の子供。。。

 

 


三浦―マイナリ 順子 略歴 
鳥取県米子市出身。1988年より英国在住。小学6年生でロンドンに行く事を決め,外大卒業後その夢を実現する。ロンドンに暮らしはじめて美術に目覚め、サザビーズ、ニューアカデミーアートで2年間、西洋美術史を学びディプロマ取得。

その直後、全く予測もしていなかったロンドン拠点のテレビ/映像制作/コーディネーション会社に就職が決まりメディアの世界に入る。4年後フリーランスとなり、同時に写真を学びBTEC Higher ディプロマを取得。

10年ほどファッション雑誌(Figaro,Vogue, an-an, Mr High Fashion, 装苑、Men's nonno, Smart, Cutie, mcシスターなど)、テレビ、広告等のコーディネーター、ライター、フォトグラファーとして幅広く活動する。ヨーロッパ、北欧、アフリカなど20カ国以上旅し、そして最後の一人旅で訪れたネパールで、真のヨーギと出会いホリスティックな伝統ヨーガを体験し、人生の転機を迎える。半年間ネパールに暮らし本格的にヨーガを修行し、さらにインドでインストラクターとしての資格も得る。

イギリスのヨーガセラピー発掘者ロビン モンロ博士の下で働きながら、自分の出産のすばらしい体験を経て、乳幼児と妊産婦のヨーガの第一人者フランソワーズ バービラ-
フリードマン博士とウマ ディンスモア-テュリ博士、自然出産/水中出産の先駆者ミシェル オダン博士、 アクティブバース ムーブメントの創始者ジャネット バラスカス女史から学び、2004年よりロンドンを拠点に女性のためのヨーガ講師になる。

ロンドン唯一の産婦人科がメインであるプライベートのポートランド病院でヨーガ講師として、2011年よりマタニティー、ママ&ベイビー、ポストネータル、ウエルウーマンなど女性を専門にしたヨーガを教えている。 

2010年よりドゥーラとして活動。Doula UK初の日本人ドゥーラ。妊娠ー出産ー産後の一貫した女性のサポートは今まで180人ほど。

ネパールでは、ヨーギの夫とともに政府認定のヨガリトリートセンター「Sadhana Bhumi Himalaya For Life Research」(www.sbhflr.org ) を設立し、毎年1回、世界中からヨーガを深めるために訪れる人の指導にあたっている。厳しくもいつも見守ってくれる夫、母が与える以上の愛を常に送ってくれる娘と息子たちと共に、ロンドンの中心にいながら日々精進しシンプルなヨーガ生活を送っている。


e-mail:matriyoga@gmail.com
tel/fax: 07973 830074